桜の模様のバンド織り

 

 ずいぶん前に織ったバンドです。桜のつもりで織ったのですが、裏側から見ると、四葉のクローバーにも見えますね。

 模様部分は、地の糸(緑)の倍の太さの糸を使います。図面を見ながら、模様が浮かび上がるようにパターン糸を拾い上げて織っていきます。こういう織り方は、バルト海近郊でさかんに用いられていたことから、Baltic Style(バルティック・スタイル)と呼ばれることもあるようです。

 いまのところ、一番お気に入りの織り方。

 

 同じバルティック・スタイルで織った、しおりたちです。

(図面は"The Weaver's Inkle Pattern Directory" by Anne Dixonに掲載されていたものを参考にしました。)

 

バンド織りのしおり

 

 いっぱい作りすぎてしまったので、あちこちに配り(おしつけ?)ました。


Profile

Archive

Search

Other

Mobile

qrcode

Dog & Animal Books

Murder, She Barked
Free Days With George: Learning Life's Little Lessons from One Very Big Dog
Not a Sound
Killing Trail
The Education of Will: A Mutual Memoir of a Woman and Her Dog
Wishtree
See You in the Cosmos
Stalking Ground
The Darkest Thread
The Lost Words
Not a Creature Was Purring
Dog Songs
Hunting Hour
Death by Chocolate Lab
The Snow Child
All That Ails You: The Adventures of a Canine Caregiver
The Feather Thief: Beauty, Obsession, and the Natural History Heist of the Century
The Wild Robot Escapes
  
The Poet's Dog